ファビコンを作ってみた。「配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本」を使って

ブログのアクセントとして、かねてからファビコンを作ってみたいと思っていました。
でも、アイデアが全く浮かばなかったので、作ることができませんでした。

今回、「配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本」という本を買ったことがきっかけで、ファビコンを作りましたので、その手順をご紹介したいと思います。

配色は大切

最近のExcelには、配色というメニューがあります。

僕のバージョンだと、「ページレイアウト」→「配色」というところにあります。
「なんでこんなに種類が沢山あるのだろう?」とか「くすんだような色ばっかり」とか「原色で構成される配色がなぜないのか」などと思いましたが、あまり重要視していませんでした。

でも、「自分でファビコンを作ろう」などということになると、途端に配色の重要性に気付かされます。

効果的な色の使い方が分からないので、ファビコンを作るのは後回しになっていました。デザインが浮かばないというより、配色に迷っていたのかもしれません。

先日、本屋で「配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本」を見かけました。なんだか楽しそうな本だったので、つい買ってしまいました。

配色の問題がなんとかなりそうになったので、ファビコンを作ることにしました。

ブログのイメージに合ったテーマを選ぶ

本には、127の配色テーマが載っています。

まず、このうちから、ブログのイメージにマッチしそうなテーマを拾っていきます。

本ブログは、「さしあたって」の名が示すように、肩の力を抜いてくつろぎながら記事を書き、くつろぎながら読んでいただけるようなところを目指しています。

そのような観点からリストアップしたところ、「014 シャボン玉の虹」「015 お菓子の家」「023 キッチンクロス」・・・「102 ミッドセンチュリー」と、17のテーマが残りました。

次に、これら17テーマをトーナメント方式で比較しました。
リーグ方式の方がより厳密に優劣判断できると思いますが、比較回数が多くなってしまうので、トーナメントとしました。
比較をする際には、双方のテーマのページを交互に見て、総合的に判断しました。

最終的に残ったテーマは、「033 新緑と青空」でした。

ブログのイメージとテーマカラーからデザインを考える

比較をしている最中からぼんやりと、飲み物をデザインに使うことを考えていました。

テーマが決まった時、その飲み物をホットコーヒーにすることが決まりました。

ファビコンは、単純なデザインが望ましいので、アウトラインをExcelで描くことにしました。
先ずは正方形を描き、その中に、楕円を使ってコーヒーを書きます。
バランスを考えてソーサーとスプーンも加えました。

その後、色を塗るために、gimpというフリーソフトを使いました。
線画をコピーした後、消しゴムツールで余分な線を消し、塗りつぶし機能で塗りつぶしました。

「さしあたって」のサイトアイコン

「さしあたって」のサイトアイコン

結果はこんな感じ。カップとソーサやソーサーとスプーンの境目はどのように処理すればよかったんでしょうね。良いアイディアがあれば教えてください。

ファビコンは、512×512が推奨されているので、「画像の拡大・縮小」機能でサイズを調整します。次いで、png形式でファイルに出力しました。

サイトアイコンととして登録

僕は、Cocoonを利用させていただいているので、サイトアイコンに登録すれば、ファビコンに変換してくれます。手順は次の通りです。

外観 → カスタマイズ → サイト基本情報 → サイトアイコンを選択

実際にファビコンにしてみたときに、コーヒーってわかるかな?
とりあえず、くつろげる色調なので、よしとしました。


桜井輝子:配色アイデア手帖 めくって見つける新しいデザインの本、SBクリエイティブ、2017、ISBN-13: 978-4797393248

コメント

タイトルとURLをコピーしました