Logicool SPOTLIGHT PRESENTATION REMOTEレビュー

いつか買おうと思っていたSPOTLIGHT PRESENTATION REMOTEを買いました。

会社のプレゼンテーションで使い易さを知った

個人的な話ですが、今後、プレゼンテーションをする機会が増えそうです。
そこで、以前から欲しかったlogicoolのSPOTLIGHT PRESENTATION REMOTEを買うことにしました。
SPOTLIGHT PRESENTATION REMOTEは、PCから離れたところでパワーポイントのページをめくることができるプレゼンタの一種です。

実は、会社でプレゼンテーションを依頼されたことがあり、その発表直前に渡されたプレゼンタがこれでした。

プレゼンタを使うのはその時が初めてでしたが、あまり戸惑うことなく、ページがめくれました。それに加えて、別のボタンを押すと、レーザ状のポインタが表示され、本機を振ることで上下左右に動かすことができました。

他のプレゼンタに比べて高価ではあるものの、使い勝手が良いので、いつかは個人的に購入しようと思っていました。

開梱

Logicool SPOTLIGHT PRESENTATION REMOTE

Logicool SPOTLIGHT PRESENTATION REMOTE

ヨドバシカメラで購入しました。レジで品名を言うと、奥の方から取ってきてくれました。
色はゴールドを選びました。他に、スレートとシルバーがあります。

SPOTLIGHT開梱状態

SPOTLIGHT開梱状態

こちらが開梱した状態です。
本体、充電コード(USB-C)、ケースが入っていました。保証書はケースの下にありましたが、マニュアルはありませんでした。オンライン化されています。

SPOTLIGHTの裏側とUSBレシーバ

SPOTLIGHTの裏側とUSBレシーバ

本体の裏面です。製造上の理由なのか、半分は樹脂になっていました。

下にはUSBレシーバが入っています。
充電する際には、このUSBレシーバを抜いてから、ケーブルを挿します。

設定

設定ソフトで各種設定をしてから使います。
設定ソフトは2種類あります。

1つ目は、Logicool Presentationで、PCにインストールして使います。
2つ目は、Logicool Presentation Liteで、USBにインストールしておき、他人のPCを一時的に借りるときなどに使用します。

Logicool Presentationのメイン画面

Logicool Presentationのメイン画面

Logicool Presentationのメイン画面です。Lite版もほぼ同じです。メニューと本体の充電状況が表示されます。

レーザー機能設定画面

レーザー機能設定画面

ポインタの「レーザー」機能設定画面です。色、サイズ等が選択できます。

「レーザー」機能以外にも「強調表示」機能、「拡大」機能があり、「ポインタ効果」ボタンを2回押すことで切り替えられます。

使用感

キャッチコピーは、「成功をもたらす最高パートナーSpotlight」です。

ただ、ボタンは3つなのに多機能で、練習しないと使いこなせません。
まずはページ送りとレーザポインタを使い、必要に応じて練習することとします。

本製品は、パワーポイントを開いていなくても動作します。よって、リモート会議などで、Excelや写真を共有している際にも使うことができます。

価格は10,000円弱で高いとは思いますが、他に代わる製品がないので仕方がないと思います。

なお、USBメモリにインストールして使うLogicool Presentation Liteは、Windows 7では動作しましたが、Windows Vistaでは動作しませんでした。

まとめ

Logicool SPOTLIGHT PRESENTATION REMOTEをレビューしました。
多機能な製品であり、使いこなせばプレゼンテーションが上手になりそうです。

そのためには、練習をしなければ・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました