電車内で人が倒れた!あなたならどうします?

電車に乗っていたら近くで人が倒れた!

あなたならどうします?

経緯

先日の夜、電車に乗っていた。車内は通勤帰りの人で隣の人とは接触しない程度に混んでいた。

ドアに近いところで55歳くらいの男性が突然うつぶせに倒れた。

急なことだったので、周囲の人はさっと避けた。2、3人が「大丈夫ですか」と声をかけていた。

十数秒すると、意識が戻ったようで、「大丈夫です」と言いながら立ち上がり始めた。

少し汗をかいているように見えた。

駅に止まり、近くのドアが開いた。人の乗り降りは無かった。

ドアが閉じかけたとき、再びその人が倒れた。

ドアに手をかけようとしたときには既に遅く、ドアは閉まり、電車は発車した。

誰かが「非常ボタンを押して下さい」と何度も叫んでいた。押されたかどうかは分からない。

再度意識が戻り、立ち上がりつつあるその人の手を取り、60歳くらいの女性が席を譲ろうとした。

しかし、「大丈夫です」と言って、自力で吊革につかまった。

間もなく次の駅に止まった。

男性は、反対側で開いたドアの付近に移り、もたれかかった。吊革より楽だと思ったのだろう。でも、降りようとはしなかった。周囲の人も無理に降ろそうとはしなかった。

僕は次の駅に着く前に再度倒れるだろうと思い、人を押しのけてその男性に近付き、無理やり手を引いて下車させた。

案の定、電車からホームを移る際に意識を失って、電車の脇に倒れ始めた。

寝た子は重いというが、意識のない小太りの男性はとんでもなく重い。

幸い、ホームにいた人が手を貸してくれて、ホームの中央付近まで運ぶことができた。

駅員が2人やってきた。

片方の駅員が、「大丈夫ですか」と声をかけ、男性は「大丈夫です」と答えていた。駅員は「駅の中に休むところがありますから、そこで休みましょう」と提案したが、経緯を見てきた僕は、救急車を呼ぶことを主張した。

すると、もう片方の駅員から「あなたはお知り合いの方ですか?」と聞かれたので、「いいえ」と答えたら、「あとは我々が引き継ぎます」と言われた

駅員は、僕が帰宅途中であることを想定し、親切心で言ってくれたことだと思う。

そう言われると、面識の無い人間が「一緒に居ます」とも言えないので、男性には「お大事に」と言って、その場を離れた。男性は「ありがとうございました」と言ってくれた。

後から、駅員に車内での状況を伝えておけば、救急車の要否をより適切に判断できただろうと反省した。

今回の出来事から考えたこと

倒れた人がいて、周囲に人がいなければ、十中八九の人は、救命訓練の経験がなくても、心肺蘇生法のまねごとをすると思う。

救命訓練の経験がなかった頃、そのような事態に遭遇し、まねごとをしたことがある僕の実体験からそう言える。

でも、周りに人がいる場合には、誰かがやってくれるので、自分がしゃしゃり出ていく必要はないと考えてしまいがちである。

今回の場合、誰かが男性の面倒を見てくれるだろうと、初めは僕も静観していた。

しかし、彼がこのままでは電車を降りそうにないと感じたとき、行くしかないなと思った。彼が降りなければ、周囲の人々は落ち着くことができないで迷惑だし、彼自身も辛いはずである。

行く決断ができた要因の一つに、救命講習会を受けたことが挙げられる。数年前に、救命講習会を受けて、AEDを使ったり、心肺蘇生法を経験したりしていた。

そのような技術面の経験に加え、大きな声を出して、周囲を巻き込む経験をした。これが大きかった。人の命がかかっている場合に、恥ずかしがったり、躊躇したりしないことを学んだ。

先般、土俵の上で人が倒れたときに、女性が心臓マッサージをすることで助かった事例があった。日頃の職務を通じた訓練により、自然に体が動いたのであろう。本当に彼女たちは素晴らしかった。

今回の件では、僕が現場を離れた時の男性の意識ははっきりしており、僕が行動を起こそうが起こすまいが、大事には至らなかった可能性はある。

でも、僕にとっては経験値が1つ上がった。次回、同様な場面で、行動を起こすための心のハードルは低くなった。近いうち、再度救命講習会を受け、救命技術を維持させたいとの思いも新たにした。

あなたも近隣で開かれている救命講習会に参加されてはいかがでしょう?思わぬところで人を救うことができる可能性があります。

参考

人工呼吸は心理的負担が大きい救命活動である。そのため、現在は、人工呼吸をしなくても、心臓マッサージをすれば良しとされている。ただし、AEDセットの中には人工呼吸用のマウスピースが入っており、これを使えば心理的負担なく人工呼吸ができる。救命講習会ではこれらのことも教えてくれた。このような知識は、もっと大勢の人が知っていて良いことだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする